ニュース2017年度トップテン特許紛争案件

所内活動2018-01-30

01

アメリカ接触蒸留技術企業特許訴訟と商業秘密訴訟案

本案件は重大な渉外知的財産権と競争紛争案件で、一億人民元に関わります。本案件は中国におけるアメリカ接触蒸留技術会社に属する特許と商業秘密についての合法な権利を擁護する案件です。第一審裁判所は山東省高級人民法院で、原告(アメリカ接触蒸留技術会社)は被告が原告に属する三項特許権と商業秘密を侵害したということを理由として訴訟を提出しました。この結果は、最高人民法院は上訴を却下して元裁定を維持したというの最終審裁定を判定しました。

 

02

アメリカ生物遺伝子IDEC企業「抗CD20抗体を用いて中度と高度非ホジキンリンパ腫を治療する」について特許訴訟案

ロシュのアメリカ生物遺伝子IDEC会社は世界で最も古いの独立生物技術企業とフォーチュン500の企業です。本案件は特許無効に及び、国内抗体制薬業にとって影響力が深いです。この結果、第一審法院北京市第一中級人民法院は訴訟決定を却下したと判定しました。北京市高級人民法院は第一審判定を維持しました。

 

03

オリンピック「ビッグフットプリント」ランチャー発明の発明者資格シリーズ紛争案

本案件の製品は北京オリンピック開会式、APEC会議、ナショナルデーの軍事パレードや他の重大な活動に関与するため、大いに注目をあびました。北京知識産権法院は「北京市朝陽区科学技術発展進歩賞届出書」によって、羅さんは精密穴圧力花火発射システムの発射装置デザインという特許の発明者と確認しました。

 

04

アメリカセンシングスペクトル「タービン流量計」特許訴訟案

 本案件は特許行政訴訟中の請求項の解釈と関連します。北京市高級人民法院第二審判決は北京市第一中級人民法院の第一審判決を却下しまして、特許復審委員会が出した「特許が全部無効だ」と

いう判決を維持しました。

 

05

重慶金山「マクロ内視管」特許訴訟案

本案件は法律解釈「2016」1号が公布された後この司法解釈第十三条に適用した典型案件で、この司法解釈が禁反言の原則を体現しました。本案件の結果、侵権ではないだと判決されました。

 

06

日本株式会社クボタ「水田作業機」、「複式収穫機」、「田植え機」のシリーズ特許訴訟案

2017年1227日、三聚陽光は北京市高級人民法院が最終判決を出した「2016」京行終4799号を受けて、この判決が北京市第一中級人民法院の第一審判決を維持しました。この案件三聚陽光が受けたこのシリーズ案件の中で第十一勝訴判決です。この特許紛争は農業機械領域における「複式収穫機」、「田植え機」などの大規模な農業装備に及びます。このシリーズの特許紛争は中国で日本クボタ会社に反撃する特許訴訟で、農機業での企業を助け、クボタに属する特許桎梏から脱却することにとって役に立ちました。

 

07

東威めっき「垂直続縦メッキシステム」特許訴訟案

本案件は特許侵権訴訟中被告が公開証拠を利用して従来技術の抗弁を主張しました。蘇州中院第二審は特許法によって国亜企業と中哲企業の売買行為が公開ではない、被告の従来技術の抗弁が成り立ちませんと判決しました。

 

08

定波宝工「燃料ヒーター」特許訴訟案

本案件は特許行政訴訟中証拠公開内容の確定に関与します。北京市高級人民法院判決は北京市第一中級人民法院の第一審の判決を却下しました。

 

09

中国質量万里行「産品の質が偽造防止ラベル、システムと偽造方法に遡り」特許侵害紛争案

本案は中国質量万里雑誌社は産品遡りプラットフォームを通じて特許侵害行為を実施しました。特許侵害紛争調解ポロセすの中で、被請求人中国質量万里行雑誌と四川好儿郎は偽造防止ラベルとシステムの取引契約書、契約の添付によって従来技術の抗弁を主張しました。この結果、北京市知識産権局は京知執字「2017」1016272829で中国質量万里行雑誌と四川好儿郎が侵害を成立したと認定しました。

 

10

九江歴源「電源組み立て構造」、「水冷高周波トランス」特許紛争案

 本案件は九江歴源整流設備有限公司と四川英傑電器株式会社の間での特許紛争案件に関与しました。この案件の審理中、四川英傑はそれぞれ二項特許を無効宣告を提出しました。その無効案件の審理中、四川英傑は一項無効宣告請求を却下して、ほかの特許が有効だと維持されました。